スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

FP3級試験過去問2006/9 1-30

 相続税の計算上、宅地はその「利用単位」ごとではなく、登記簿上の「一筆」ごとに評価する。


 正しいでしょうか、誤りでしょうか。

続きを読む

スポンサーサイト

2006年11月16日 相続・事業承継 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-29

 相続税の計算上、預貯金は通常、「預貯金の預入高+(既経過利子の額-源泉徴収税額)」により評価する。


 正しいでしょうか、誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月16日 相続・事業承継 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-28

 配偶者が、相続や遺贈によって財産を取得した場合、一定の条件を満たす時「配偶者に対する相続減税の軽減」の適用を受けることができる。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月14日 相続・事業承継 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-27

 相続が発生した場合、嫡出子と非嫡出子の相続の順位は同じであるが、非嫡出子の法定相続分は嫡出子の2分の1となる。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月14日 相続・事業承継 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-26

 贈与の効力は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手に与える意思を表示することにより生じ、相手方がこれを受諾する必要はない。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月14日 相続・事業承継 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。