スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

超過保険

 新聞を読んでいたら、住宅の超過保険の記事がありました。



 新築時と同じように保険に入っていると、月日がたつにつれて建物の価値が落ちて超過保険になるとのことでした。


 しかしそれを、わざわざ保険会社側からは説明はせずに、保険料を多く徴収していることが問題になっているとのこと。



 基本的に建物の保険なのですから、土地代まで含めた住宅購入金にまでなることもないのですから。実際に火事になるまで気付かない人が多いようです。



 勉強していたことなので、新聞の内容もすっと入ってきました。今日が初めてファイナンシャルプランナー(のタマゴ)の知識が役に立ちました。
スポンサーサイト

2006年10月30日 日記 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-12

 郵便貯金は、住宅積立郵便貯金・財形貯金を除いて1人につき元本1000万円まで預入れできる


 正しいでしょうか、誤りでしょうか。


続きを読む

2006年10月30日 金融資産運用 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-11

 日本の金利が変わらずに、米国の金利だけが上昇した場合、一般的に、米国の金融商品の魅力が増すので、ドルを購入する動きが強くなり、円安になる可能性がある。


 正しいでしょうか、誤りでしょうか。

続きを読む

2006年10月26日 金融資産運用 トラックバック:0 コメント:0

FPの現実

 FP(ファイナンシャルプランナー)で独立するのって、すごく大変そうですね。実際問題として身近なところにいないことが上げられます。


 しかしそれは熱帯地方に行った靴のセールスマンが、「現地の人は誰も靴を履いてない、売れるわけがない」と言うのか、「現地の人は誰も靴を履いてない、いくらでも売れるチャンスだ」と言うのかの違いだと思います。


 この国はまだFP(ファイナンシャルプランナー)は浸透していません。有資格者だけはゴロゴロしていますが、生業(なりわい)にしているのはほとんどいないのが現状です。


 私はそこにチャンスを感じているのですがどうでしょうか。うまくやれば仕事はいくらでも入ってくると思います。



FP(ファイナンシャルプランナー)3級試験に合格するぞ!トップページへ

2006年10月23日 日記 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-10

 公的介護保険の第2号保険者が、45歳のときに交通事故を原因として要介護状態になった場合、公的介護保険からの給付は受けられないが、民間保険会社の介護保障保険に加入し所定の用件を満たしていれば、保険会社から給付を受けることができる。


 正しいでしょうか、誤りでしょうか。


続きを読む

2006年10月21日 ライフプランニング トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-9

 住宅火災保険は、住宅専用の建物とそれに収容される家財を対象として、火災、落雷、爆発、風災、水災、ひょう災、雪災による損害に対して保険金が支払われるが、消火活動による水漏れ、臨時費用、残存物取り片付け費用等は保険金の対象とはならない。


 正しいでしょうか、誤りでしょうか。

続きを読む

2006年10月17日 リスク管理 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-8

 損害保険において、保険金額が保険価額よりも大きい保険を超過保険といい、超過部分は無効とされる。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年10月16日 リスク管理 トラックバック:0 コメント:0

1月試験の

 受験申請書の請求が始まっています。オンラインで申し込みもできますので焦らなくてもいいんですけどね。

2006年10月09日 日記 トラックバック:0 コメント:2

FP3級試験過去問2006/9 1-7

 契約転換制度を利用し、加入している生命保険契約を別の契約に転換する場合、転換後の保険料は転換前の保険契約の保険料率が適用される。


 正しいでしょうか、誤りでしょうか。

続きを読む

2006年10月03日 リスク管理 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-6

 金融商品販売法は、金融商品販売業者を対象としているので、保険会社に適用されるが、金融商品(保険商品)の取次・媒介・代理を行う生命保険募集人・損害保険募集人・保険仲立人には適用されない。


 正しいでしょうか。誤りでしょうか。


続きを読む

2006年10月03日 金融資産運用 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-5

 厚生年金基金は、国が行う老齢厚生年金(報酬比例部分)の一部の給付を代行し、これに加えて独自の上乗せ給付を行う制度である。


 正しいでしょうか。誤りでしょうか。





続きを読む

2006年10月03日 ライフプランニング トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-4

 国民年金の基礎障害年金を受けるための原則的な保険料納付用件は、初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までに被保険者期間がある時は、保険料納付済期間と保険料免除期間が、初診日の属する月の前々月までの保険料を納付しなければならない期間の3分の2以上あることとなっている。


 正しいでしょうか。誤りでしょうか。





続きを読む

2006年10月02日 ライフプランニング トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-3

 1000万円を年利2%で5年間複利運用しつつ、1年に1回元利金を取り崩しながら毎年受け取ることができる金額は、「1000万円×資本回収計数(年利2%・期間5年のもの)」により計算できる(税金等は、考慮しないものとする)。


 正しいでしょうか、誤りでしょうか。


続きを読む

2006年10月01日 金融資産運用 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。