スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

FP3級試験過去問2006/9 2-39

 台風により、工場内の設備には損害が発生しなかったものの、電気やガス等の公共施設が損壊したために、商品が製造できないことに起因して利益が減少する場合のリスクに対応する保険として、( )がある。


1)普通火災保険
2)公共施設保険
3)利益保険

続きを読む

スポンサーサイト

2006年11月27日 リスク管理 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 2-38

 変額個人年金保険は、顧客から預かった保険料を( )で運用し、その成果に従って年金年額、解約払戻金等が変動する商品である。


1)一般勘定
2)特別勘定
3)現金勘定

続きを読む

2006年11月27日 リスク管理 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 2-37

 ( )とは、保障が一生涯続く保険で、被保険者が死亡または高度障害状態に該当した場合に保険金が支払われる。


1)終身年金保険
2)終身保険
3)養老保険

続きを読む

2006年11月27日 リスク管理 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 2-36

 生命保険会社に生命保険契約上の履行義務(保険金・給付金の支払い等)が発生する時期を、( )という。保険会社の承諾を前提として、( )は、申し込み、告知(診査)、第1回の保険料(充当金)払込みが完了したときとされている。


1)承諾期(日)
2)責任開始期(日)
3)契約期(日)

続きを読む

2006年11月27日 リスク管理 トラックバック:0 コメント:0

時間がほしいです

 最近なかなかまとまった時間がとれなくて、勉強がはかどりません。



 しかし新聞のFP関連の記事は、意識して目を通すようにしています。新聞の読むところと、おもしろいところがFPを目指す前より大きく増えました。



 意味がわかるようになってきましたしね。





FP(ファイナンシャルプランナー)3級試験に合格するぞ!トップページへ

2006年11月24日 日記 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 2-35

 民間企業を定年退職した後の公的医療保険として、在職中の健康保険制度を( )任意継続し、その後、国民健康保険に加入することができる。


1)4年間
2)3年間
3)2年間



続きを読む

2006年11月24日 ライフプランニング トラックバック:0 コメント:0

入金しました

 本日ローソンにて入金を完了しました。試験の2週間前に受験票が送られてくるとのことです。



 お金を払うともう後には引けませんよね。最初から退く気もありませんが…。



 気をつけないといけないのは、受験申請がもうすぐ閉めきりということです。受けるかどうか迷っている人も忘れないでください。



 いよいよ試験勉強も本格的にはじめましょう。



FP(ファイナンシャルプランナー)3級試験に合格するぞ!トップページへ

2006年11月20日 日記 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 2-34

 土地・家屋に係る固定資産税は、毎年( )現在のその固定資産の所有者に課税される。


1)1月1日
2)4月1日
3)12月31日

続きを読む

2006年11月20日 不動産 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 2-33

 国民年金の第1号被保険者は、日本国内に住所のある(①)以上(②)未満の人で、第2号被保険者または第3号被保険者に該当しない人である。


1)①18歳 ②55歳
2)①20歳 ②60歳
3)①20歳 ②65歳

続きを読む

2006年11月20日 ライフプランニング トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 2-32

 労災保険の休業補償給付は、労働者が業務上の負傷または疾病による療養のため休業し、そのために賃金を受けられない日が(①)以上に及ぶ場合に支給され、その額は、休業(②)目以降、休業1日につき原則として給付基礎日額の60%相当額である。


1)①3日②4日
2)①4日②4日
3)①5日②3日

続きを読む

2006年11月20日 ライフプランニング トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 2-31

 次の問題から、回答方法が三択になります。問題の( )内に入る中で最も適切なものを選んでください。


 健康保険は、サラリーマン等が加入する被用者保険と自営業者が加入する地域保険に分けることができるが、このうち被用者保険に該当するものには、(①)、(②)、国家公務員共済組合、地方公務員共済組合、私立学校教職員共済制度、船員保険がある。


1)①政府管掌健康保険   ②都道府県管掌健康保険
2)①都道府県管掌健康保険 ②組合管掌健康保険
3)①政府管掌健康保険   ②組合管掌健康保険

続きを読む

2006年11月20日 ライフプランニング トラックバック:1 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-30

 相続税の計算上、宅地はその「利用単位」ごとではなく、登記簿上の「一筆」ごとに評価する。


 正しいでしょうか、誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月16日 相続・事業承継 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-29

 相続税の計算上、預貯金は通常、「預貯金の預入高+(既経過利子の額-源泉徴収税額)」により評価する。


 正しいでしょうか、誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月16日 相続・事業承継 トラックバック:0 コメント:0

優先順位

 どうも私は、開業してからどうするか、という本ばかりを読んでしまいます。


 FPは独立開業することが難しいからですが、そんなことよりまずは目先の試験に合格することの方が大事なんですよね。


 大きな夢に向かって、一歩一歩進まなければ、と思います。


FP(ファイナンシャルプランナー)3級試験に合格するぞ!トップページへ

2006年11月15日 日記 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-28

 配偶者が、相続や遺贈によって財産を取得した場合、一定の条件を満たす時「配偶者に対する相続減税の軽減」の適用を受けることができる。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月14日 相続・事業承継 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-27

 相続が発生した場合、嫡出子と非嫡出子の相続の順位は同じであるが、非嫡出子の法定相続分は嫡出子の2分の1となる。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月14日 相続・事業承継 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-26

 贈与の効力は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手に与える意思を表示することにより生じ、相手方がこれを受諾する必要はない。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月14日 相続・事業承継 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-25

 土地の有効活用における等価交換方式のうち、全部譲渡方式とは、土地所有者がいったん等価交換対象の土地の全部をデベロッパーに譲渡し、その後、土地所有者がその譲渡に見合う土地持分付の建物の譲渡等を受ける方式である。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月14日 不動産 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-24

 借地権の設定の対価として受け取った権利金が、土地価額の2分の1を超える場合、その受け取った権利金は、不動産所得となる。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月14日 タックスプランニング トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-23

 譲渡した年の1月1日において所有期間が10年を超える居住用不動産を譲渡し、一定要件を満たした場合、3000万円の特別控除後の課税長期譲渡所得金額が6000万円以下の部分については、所得税10%、住民税4%の軽減税率が適用される。


 正しいでしょうか、誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月13日 不動産 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-22

 不動産取得税は、売買、交換、贈与、家屋の新築・増改築による不動産の取得などのほか、相続、合併などの形式的な不動産の移転に対しても課される。


 正しいでしょうか、誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月12日 不動産 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-21

 土地の公示価格は、毎年1月1日時点における標準地の正常な価格として、国土交通省から毎年3月下旬頃に公示される。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。


続きを読む

2006年11月10日 不動産 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-20

 所得税の源泉徴収義務者は、給与等の支払の際に源泉徴収した源泉徴収額を、納税義務者に代わって、原則としてその支払った日の翌月10日までに納付する。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。


続きを読む

2006年11月10日 タックスプランニング トラックバック:0 コメント:0

過去問題ツアー

 FP(ファイナンシャルプランナー)試験に合格するコツは、数多くの問題をとくことです。


 このブログでも実際にあった過去の試験の問題と回答を載せています。同じようにFP試験に受験する人はうまく利用してください。


 解説は管理人のかねなし父さんがテキストを調べながら書いていますので、ひょっとしたら間違いがあるかもしれません。しっかり調べて書いてはいますが、その際の責任は持てませんのでご了承下さい。


 また間違いに気付いた方がいらっしゃいましたら、コメントを利用してご指摘頂けたら幸いです。


FP3級試験過去問題2006/9をはじめる

2006年11月10日 未分類 トラックバック:1 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-19

 納税者と生計を一にする青色事業専従者である配偶者は、青色事業専従者給与の額が103万円以下で他に所得がなければ、控除対象配偶者となるので、配偶者控除の適用を受けることができる。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月10日 タックスプランニング トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-18

 給与所得とは、給料、賃金、賞与等に係る所得をいい、残業手当、家族手当、出張旅費、通勤手当等のすべての諸手当を含む収入金額から給与所得控除額を控除した額が給与所得の金額となる。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月10日 タックスプランニング トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-17

 所得税の計算における収入金額は、その年において収入すべき事が確定した金額であり、未収のものも含む。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月10日 タックスプランニング トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-16

 所得税は個人単位で課税することが原則であるが、例外として夫婦の所得については、合算して課税を行う。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月10日 タックスプランニング トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-15

 外貨建てMMFの運用対象は、外貨建ての短期の債券などが中心であるが、限定的に株式を組み入れることもできる。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月10日 金融資産運用 トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-14

 株主の権利には、原則として議決権や配当請求権はあるが、残余財産分配請求権はない。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月10日 金融資産運用 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。