スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

FP3級試験過去問2006/9 1-22

 不動産取得税は、売買、交換、贈与、家屋の新築・増改築による不動産の取得などのほか、相続、合併などの形式的な不動産の移転に対しても課される。


 正しいでしょうか、誤りでしょうか。




FPを学ぶなら、株式会社東京ファイナンシャルプランナーズ!



 誤りです。


 不動産取得税とは、土地や建物を取得した際に都道府県が課税する税金です。


 個人が土地や建物を譲渡した場合には分離課税の対象になります。


次の問題へ


FP(ファイナンシャルプランナー)3級試験に合格するぞ!トップページへ
スポンサーサイト

2006年11月12日 不動産 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。