スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

FP3級試験過去問2006/9 1-28

 配偶者が、相続や遺贈によって財産を取得した場合、一定の条件を満たす時「配偶者に対する相続減税の軽減」の適用を受けることができる。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。




FPを学ぶなら、株式会社東京ファイナンシャルプランナーズ!



 正しいです。相続税は動産・不動産、有形無形を問わず、相続または遺贈により取得した全ての財産について課税されます。


 相続税は相続する人によって2割加算や税額控除があります。


 2割加算は配偶者、父母、子以外の人などです。


 また税額控除として、贈与税額控除、配偶者に対する相続税額の軽減、未成年者控除、障害者控除、相次相続控除、外国勢控除があります。


 そして配偶者が取得した財産に対する相続税は大幅な軽減がなされます。


次の問題へ


FP(ファイナンシャルプランナー)3級試験に合格するぞ!トップページへ
スポンサーサイト

2006年11月14日 相続・事業承継 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。