スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

FP3級試験過去問2006/9 2-40

 法人が、従業員の退職金準備のため、全役員・従業員加入の福利厚生保険(いわゆる2分の1養老保険)に加入する場合、契約者(保険料負担者)を法人、被保険者を全役員・従業員、死亡保険金受取人を(①)、満期保険金受取人を(②)とすることにより、法人の支払う保険料の2分の1を損金算入することが出来る。


1)①被保険者の遺族 ②法人
2)①被保険者の遺族 ②被保険者
3)①法人 ②被保険者





FPを学ぶなら、株式会社東京ファイナンシャルプランナーズ!



 答えは1です。解説不能です。私にはよくわかりません。


次の問題へ


FP(ファイナンシャルプランナー)3級試験に合格するぞ!トップページへ
スポンサーサイト

2007年01月03日 ライフプランニング トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。