スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

実技の2種類

 FP3級試験は学科と実技があり、さらに実技は個人資産相談業務と保険顧客資産相談業務の2種類があり、どちらかを選択して受験することになります。


 学科問題は正誤を答える二択問題と、正しいもの又は誤っているものを三つの中から選ぶ三択問題です。


 また実技と言いましても、面接などがあるわけではなく筆記試験です。答えも三択です。


 例えますと学科問題が2+3は?って聞かれるのに対し、実技はリンゴ2個にリンゴ3個を足したらいくつになる?って聞かれるようなものです。応用問題ですね。


 そして実技は問題を二種類から選ぶことが出来ます。


 合格率は圧倒的に保険顧客資産相談業務の方が高いです。なら私も、って思うのは早計です!


 保険顧客資産相談業務を受験する人は、すでにプロの保険屋さんが多いから(らしい)です。資格はなくても普段から親しんでいることなので答えるのが易しいのです。


 それが合格率の高さにつながっています。


 何も経験がないひとは個人資産相談業務を受けるのがベターです。私もこちらを受けました。


 過去問題は見ることが出来るので、一度解いてみてから選ぶのが1番良いです。


 なおどちらを受けるかは受験の申し込みの時に行い、後から変更することは出来ません。また実技の問題集も2種類ありますので、自分が受ける方を買いましょう。




デイトレードの究極情報!【ザ・トレーダーズ・リング】



FP3級試験に一発合格するぞしたぞ!トップページへ
スポンサーサイト

2007年02月07日 3級試験をめざす トラックバック:1 コメント:0












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://finan.blog78.fc2.com/tb.php/75-e83f0fd9

実技について

実技実技(じつぎ)とは、技術や演義などを実際に行うことである。教育においては、実験や実習ともに、学習者自身の行動によって習熟させることが基本とされる。実技の評価は、一般的に、第3者がいる場で行って見せることを通じて行われることが多い。入学試験などでは、評

2007年02月13日 教育問題.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。