スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

FP3級試験過去問2006/9 1-10

 公的介護保険の第2号保険者が、45歳のときに交通事故を原因として要介護状態になった場合、公的介護保険からの給付は受けられないが、民間保険会社の介護保障保険に加入し所定の用件を満たしていれば、保険会社から給付を受けることができる。


 正しいでしょうか、誤りでしょうか。


続きを読む

2006年10月21日 ライフプランニング トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-5

 厚生年金基金は、国が行う老齢厚生年金(報酬比例部分)の一部の給付を代行し、これに加えて独自の上乗せ給付を行う制度である。


 正しいでしょうか。誤りでしょうか。





続きを読む

2006年10月03日 ライフプランニング トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-4

 国民年金の基礎障害年金を受けるための原則的な保険料納付用件は、初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までに被保険者期間がある時は、保険料納付済期間と保険料免除期間が、初診日の属する月の前々月までの保険料を納付しなければならない期間の3分の2以上あることとなっている。


 正しいでしょうか。誤りでしょうか。





続きを読む

2006年10月02日 ライフプランニング トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-2

 FP(ファイナンシャルプランナー)が顧客の確定申告書作成に関して具体的な相談を受け、これに無償で応じる行為は「業として行う税務相談」には当たらないため、税理士法には抵触しない。


 正しいでしょうか、誤りでしょうか。


続きを読む

2006年09月30日 ライフプランニング トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-1

ファイナンシャルプランナー(FP)が顧客に対して説明を行う場合、実例を挙げて説明を行うことが効果的であるので、特定の顧客の相続対策などの成功例について、実名、家族構成、財産内容などを具体的に示して説明すべきである。


 正しいでしょうか。誤りでしょうか。


続きを読む

2006年09月29日 ライフプランニング トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。