スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

FP3級試験過去問2006/9 1-24

 借地権の設定の対価として受け取った権利金が、土地価額の2分の1を超える場合、その受け取った権利金は、不動産所得となる。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月14日 タックスプランニング トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-20

 所得税の源泉徴収義務者は、給与等の支払の際に源泉徴収した源泉徴収額を、納税義務者に代わって、原則としてその支払った日の翌月10日までに納付する。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。


続きを読む

2006年11月10日 タックスプランニング トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-19

 納税者と生計を一にする青色事業専従者である配偶者は、青色事業専従者給与の額が103万円以下で他に所得がなければ、控除対象配偶者となるので、配偶者控除の適用を受けることができる。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月10日 タックスプランニング トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-18

 給与所得とは、給料、賃金、賞与等に係る所得をいい、残業手当、家族手当、出張旅費、通勤手当等のすべての諸手当を含む収入金額から給与所得控除額を控除した額が給与所得の金額となる。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月10日 タックスプランニング トラックバック:0 コメント:0

FP3級試験過去問2006/9 1-17

 所得税の計算における収入金額は、その年において収入すべき事が確定した金額であり、未収のものも含む。


 正しいでしょうか誤りでしょうか。

続きを読む

2006年11月10日 タックスプランニング トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。